食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」:  「食べるを支える」ロゴマーク

食分類について

▶なぜ、食事の形態を工夫しなければならないのでしょう?

摂食嚥下機能が低下した人に適正な形態の食事を食べることは、低栄養予防の観点からも、窒息予防の観点からも重要です。ひとが、食事をするときに最低限備えていなければならないのは、嚥下(飲み込む)機能です。しかし、その前に、食べ物を口の中で細かく粉砕したり、粉砕した食べ物を唾液と混ぜてまとめ上げる機能が求められます。これらは、咀嚼(噛む)機能と言い、これらの機能がどの段階まで維持できているかどうかで、どんな形態の食事にするとより安全に、さらにはしっかり栄養がとれるのかの多くが決まってきます(図1参照)。

しかしながら、食事の形態や名称は、地域の病院や施設、宅配食事や介護食品等において統一されておらず、多くの段階や名称が混在しています(図2参照)。この状況では、摂食嚥下機能に障害のある方に、どの形態の食事を提供すべきかを把握することが難しく、一貫した食支援を継続するのが困難な状況です。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会では、「嚥下調整食学会分類2013」を公表し、病院や施設での食形態の分類を提案しています。何らかの理由で摂食嚥下機能に重度な障害があり、再び食べる訓練を行っている人には、コード0や1を、飲み込む力に加えて、自ら食べ物をのどに送り込む力がある人にはコード2-1を、食事を口の中でまとめる力があり、さらにのどに送りこむ力のある人には、コード2-2を、形ある食品に対して、舌や口蓋(上あご)を使って押しつぶす力がある人には、コード3を、歯ぐきや舌などですりつぶす力がある人にはコード4といった食事が推奨されます。図3にその要約を示します。詳しい内容は学会のHPを参照してください。

コード0j(嚥下訓練食品0j)
    均質で、付着性が低く、凝集性が高く、硬さがやわらかく、離水が少ないゼリーで、スプーンですくった時点で適切な食塊状となっているもの。


コード0t(嚥下訓練食品0t)
    均質で、付着性が低く、粘度が適切で、凝集性が高いとろみの形態。スプーンですくった時点で適切な食塊状となっているもの。コード0j と並び、最重度の嚥下障害者に評価も含めて訓練する段階において推奨する形態のひとつである。


コード1j
    咀嚼に関連する能力は不要で、スプーンですくった時点で適切な食塊状になっている。均質でなめらかな離水の少ないゼリー・プリン・ムース上の食品である。


コード2(嚥下調整食2)
    スプーンですくって、口腔内の簡単な操作により適切な食塊にまとめられるもので、送り込む際に多少意識して口蓋に押し付ける必要のあるもの。一般的にはミキサー食、ピューレ食、ペースト食と呼ばれることが多い。コード2の中でなめらかで均質なものを2-1、柔らかい粒などを含むも不均質なものを2-2とする。ペースト状の粥は2-1、粒の残っている粥は2-2となる。


コード3(嚥下調整食3)
    形はあるが、歯や義歯がなくても押しつぶしが可能で。食塊形成が容易であり、口腔内の操作時に多量の離水がなく、ばらけやすくないもの。やわらか食、ソフト食などと呼ばれることが多い。


コード4(嚥下調整食4)
    硬すぎず、ばらけにくく、貼りつきにくいもので、箸やスプーンで切れるやわらかさをもつ。咀嚼に関する能力のうち、上下の歯ぐきで押しつぶしすりつぶしの能力が要求される。軟飯や全粥など。

詳細は、日本摂食嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会が発行した “日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013”を参照ください。

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」:  「食べるを支える」地域資源情報 募集中 無償受付中

※掲載エリア全国で拡大中

お知らせ

2017.09.14

介護・医療施設 1件が新規登録されました。 総登録数 2483件となりました。

2017.08.16

介護・医療施設 1件が新規登録されました。 総登録数 2482件となりました。

2017.08.01

取扱い店 165件が新規登録されました。 総登録数 2481件となりました。

2017.07.14

介護・医療施設 31件、取扱い店 272件、宅配食事業者 2件 が新規登録されました。 総登録数 2316件となりました。

2017.07.10

介護・医療施設 1件、取扱い店 6件が新規登録されました。 総登録数 2011件となりました。

2017.06.30

6月30日、総登録数が2,000件を超えました。

2017.06.30

取扱い店 279件が新規登録されました。 総登録数 2004件となりました。

2017.06.16

介護・医療施設 1件、取扱い店 178件が新規登録されました。 総登録数 1725件となりました。

2017.06.01

介護・医療施設 10件、取扱い店 187件が新規登録されました。 総登録数 1546件となりました。

2017.05.16

取扱い店 143件が新規登録されました。 総登録数 1349件となりました。

2017.05.08

介護・医療施設 1件、取扱い店 188件が新規登録されました。 総登録数 1206件となりました。

2017.04.20

4月20日、総登録数が1,000件を超えました。

2017.04.20

取扱い店 34件が新規登録されました。 総登録数 1017件となりました。

2017.04.16

取扱い店 86件が新規登録されました。 総登録数 983件となりました。

2017.04.01

取扱い店 63件が新規登録されました。 総登録数 897件となりました。

2017.03.16

介護・医療施設 17件、取扱い店 14件が新規登録されました。 総登録数 834件となりました。

2017.03.12

サーバメンテナンスのお知らせ

2017.03.01

嚥下調整食レシピを見る」ページを追加しました。

2017.03.01

「とろみ調整食品取扱店を探す」検索を追加しました。

2017.03.01

介護・医療施設 318件が新規登録されました。 総登録数 803件となりました。

2017.02.25

2月24日、本HPの訪問者数が10,000人を超えました

2017.02.15

介護・医療施設 69件、取扱い店 1件が新規登録されました。 総登録数 485件となりました。

2017.02.01

介護・医療施設 16件、取扱い店 2件、宅配食事業者 1件 が新規登録されました。 総登録数 415件となりました。

2017.01.16

介護・医療施設 2件、取扱い店 39件 が新規登録されました。 総登録数 396件となりました。

2017.01.04

介護・医療施設 171件、宅配食事業者 6件 が新規登録されました。 総登録数 355件となりました。

2016.12.15

介護・医療施設 4件が新規登録されました。
総登録数 178件となりました。

2016.12.01

介護・医療施設 11件、取扱い店 42件、宅配食事業者 2件が新規登録されました。
総登録数 174件となりました。

2016.11.16

お問い合わせを改訂しました。

2016.10.27

【2016年11月】サービスメンテナンスのお知らせ

2016.10.11

介護・医療施設 2件、取扱い店 5件が新規登録されました。

2016.10.02

第33回日本障害者歯科学会(さいたま市)市民公開講座(10月2日)にて紹介されました。

2016.09.27

【2016年10月】サービス休止のお知らせ

2016.09.23

第22回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(新潟)にて紹介されました。

2016.09.20

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」をオープンしました。