食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」:  「食べるを支える」ロゴマーク

とろみについて

▶とろみについて

“摂食嚥下障害者はスプーン一杯の水で溺れる”という言葉が示すように、摂食嚥下障害をもつ人にとって誤嚥のリスクが最も高い食品は水です。私たちの咽(のど)は、普段は呼吸をするために利用されているために、咽頭内には空気の入り口である喉頭が大きく解放されて空気を気管内や肺に取り入れています。水や食べ物が咽頭内に流入してくるタイミングで喉頭を閉じ、同時に食道を開いて飲み込みます。この喉頭を閉じると同時に食道を開く時間は、わずかに0.5秒から0.8秒のタイミングで行われており、誤嚥することなく食物を嚥下するためにはこのタイミングが重要となります。水はあらゆる食品のなかで、流動性が高く、凝集性が低いものです。すなわち、水を飲もうとした時に、口腔や咽頭内で素早く動き、ばらばらになる性質を持っています。これにより、水は最も嚥下とのタイミングを合わせにくい食品となり、結果、誤嚥のリスクが高くなります。

この水のある意味困った特徴である流動性を抑え、凝集性を高めるためには、水のとろみ付け(半固形化)が重要となります。とろみがつくと、口腔咽頭内でまとまりがよく、ゆっくり流れてくれるので、誤嚥のリスクが低減します。しかし、とろみをつけすぎると付着性が増し、かえって嚥下を困難にし、窒息の危険すらあるので注意が必要となります。


日本摂食嚥下リハビリテーション学会では、嚥下障害者のためのとろみ付き液体を、薄いとろみ、中間のとろみ、濃いとろみの3段階に分けて表示しています。以下に、学会が公表しているとろみの基準を引用します。


1)薄いとろみ

薄いとろみとは、中間のとろみほどのとろみの程度がなくても誤嚥しないより軽度の症例を対象としている。口に入れると口腔内に広がる。飲み込む際に大きな力を要しない。

コップを傾けると落ちるのが少し遅いと感じるが、コップからの移し替えは容易である。細いストローでも十分に吸える。中間のとろみよりもとろみの程度が軽いため、患者の受け入れは良い。

2)中間のとろみ

中間のとろみとは、明らかにとろみがあることを感じるが、「drink」するという表現が適切なとろみの程度である。口腔内での動態はゆっくりですぐには広がらず、舌の上でまとめやすい。スプーンで混ぜると少し表面に混ぜ跡が残る。スプーンですくってもあまりこぼれない。コップから飲むこともできるが、細いストローで吸うには力がいるため、ストローで飲む場合には太いものを用意する必要がある。

3)濃いとろみ

濃いとろみとは、重度の嚥下障害の症例を対象としたとろみの程度である。中間のとろみで誤嚥のリスクがある症例でも、安全に飲める可能性がある。明らかにとろみがついており、まとまりが良く、送り込むのに力が必要である。スプーンで「eat」するという表現が適切で、ストローの使用は適していない。コップを傾けてもすぐに縁までは落ちてこない。フォークの歯でも少しはすくえる。

詳しくは、日本摂食嚥下リハビリテーション学会HP参照

▶とろみ剤使用にあたっての注意

とろみ剤(半固形化剤)の使用にあたっては、以下のような注意が必要です。現在市販されているとろみ剤は相当の種類があります。一方で、これらのとろみ剤はさまざまな理由から一定の粘度を与えるために必要な用量がそれぞれ異なります(下表とろみデータ表を参照)。つまり、とろみ剤が違えば、同じ粘度を付与するために必要なとろみ剤の量が異なると言うことです。よって、在宅患者さんなどでは、複数のとろみ剤を使いこなすのは困難で、得意なとろみ剤をひとつ作ると安定したとろみをつけられるようになります。

病院を退院する際に、管理栄養士さんや、看護師さんに、とろみ剤の紹介を受けてとろみのつけ方を習ったとします。退院後に、自宅近くのお店で、とろみ剤を購入する時には、同じブランドのとろみ剤が購入できれば良いのですが、先に書きましたようにたくさんのブランドが出ているため、違うタイプのとろみ剤を使用してしまうと、習ったようにとろみがつかない場合があります。現在、とろみ剤は、とろみの混ぜやすさや、ダマになりにくさ、食品との相性や経済性など様々な工夫がされており、各ブランドに特徴があります。その特徴を知ったうえで患者さんに適したとろみ剤を選んでもらいたいものです。

▶とろみ剤の“力価”による違いについて

同じ状態のとろみにするのに必要なとろみ剤の量が異なります。これは力価の違いによるものです。とろみ剤の力価は、ブランドごとに大きく異なります。そこで、このサイトでは、同じとろみ状態にするのに必要なとろみ剤の量によって大きく2種類にとろみ剤を分類してみました。“少量高粘度タイプ”、“標準タイプ”です。“少量高粘度タイプ”は、その名の通り、少量のとろみ剤で目標とするとろみ状態をつけることが可能です。結果、経済性にも優れているといえます。しかし、混ぜる量を少し間違えると、とろみの具合が大きく異なってしまうこともあり、扱いにくいとも言えます。それに比べて、“標準タイプ”は、多少のとろみ剤の誤差はとろみの具合に影響を与えませんので、使用感は良いとも言えます。

各社、各ブランドのとろみ剤について表にまとめました。本分類は大きく2種類に判別しておりますが、厳密には1つ1つのとろみ調整食品のとろみの強さは異なります。ご利用の際には、強さが極端に変わっていないか、ご確認の上ご使用ください。

▶とろみデータ表

県立広島大学 人間文化学部 健康科学科 栢下 淳先生のデータによる

【実験方法】

水100ml(20℃±2.0)に2%とろみ剤を添加し、3回/秒の速さで30秒間撹拌した。

その後、30分間設定温度20℃でインキュベート。

30分後にコーンプレート型回転粘度計(設定温度20℃、ずり速度50s^-1における1分後の粘度:学会分類、コーンアングル1°、直径35mm)で粘度を測定。

※測定結果が標準点350mPa・sを基準点として「標準」「少量高粘度」に分類。

とろみデータ表ダウンロード

▶関連リンク先

日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック

経腸栄養剤のとろみ付与の必要性

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」:  「食べるを支える」地域資源情報 募集中 無償受付中

※掲載エリア全国で拡大中

お知らせ

2017.08.16

介護・医療施設 1件が新規登録されました。 総登録数 2482件となりました。

2017.08.01

取扱い店 165件が新規登録されました。 総登録数 2481件となりました。

2017.07.14

介護・医療施設 31件、取扱い店 272件、宅配食事業者 2件 が新規登録されました。 総登録数 2316件となりました。

2017.07.10

介護・医療施設 1件、取扱い店 6件が新規登録されました。 総登録数 2011件となりました。

2017.06.30

6月30日、総登録数が2,000件を超えました。

2017.06.30

取扱い店 279件が新規登録されました。 総登録数 2004件となりました。

2017.06.16

介護・医療施設 1件、取扱い店 178件が新規登録されました。 総登録数 1725件となりました。

2017.06.01

介護・医療施設 10件、取扱い店 187件が新規登録されました。 総登録数 1546件となりました。

2017.05.16

取扱い店 143件が新規登録されました。 総登録数 1349件となりました。

2017.05.08

介護・医療施設 1件、取扱い店 188件が新規登録されました。 総登録数 1206件となりました。

2017.04.20

4月20日、総登録数が1,000件を超えました。

2017.04.20

取扱い店 34件が新規登録されました。 総登録数 1017件となりました。

2017.04.16

取扱い店 86件が新規登録されました。 総登録数 983件となりました。

2017.04.01

取扱い店 63件が新規登録されました。 総登録数 897件となりました。

2017.03.16

介護・医療施設 17件、取扱い店 14件が新規登録されました。 総登録数 834件となりました。

2017.03.12

サーバメンテナンスのお知らせ

2017.03.01

嚥下調整食レシピを見る」ページを追加しました。

2017.03.01

「とろみ調整食品取扱店を探す」検索を追加しました。

2017.03.01

介護・医療施設 318件が新規登録されました。 総登録数 803件となりました。

2017.02.25

2月24日、本HPの訪問者数が10,000人を超えました

2017.02.15

介護・医療施設 69件、取扱い店 1件が新規登録されました。 総登録数 485件となりました。

2017.02.01

介護・医療施設 16件、取扱い店 2件、宅配食事業者 1件 が新規登録されました。 総登録数 415件となりました。

2017.01.16

介護・医療施設 2件、取扱い店 39件 が新規登録されました。 総登録数 396件となりました。

2017.01.04

介護・医療施設 171件、宅配食事業者 6件 が新規登録されました。 総登録数 355件となりました。

2016.12.15

介護・医療施設 4件が新規登録されました。
総登録数 178件となりました。

2016.12.01

介護・医療施設 11件、取扱い店 42件、宅配食事業者 2件が新規登録されました。
総登録数 174件となりました。

2016.11.16

お問い合わせを改訂しました。

2016.10.27

【2016年11月】サービスメンテナンスのお知らせ

2016.10.11

介護・医療施設 2件、取扱い店 5件が新規登録されました。

2016.10.02

第33回日本障害者歯科学会(さいたま市)市民公開講座(10月2日)にて紹介されました。

2016.09.27

【2016年10月】サービス休止のお知らせ

2016.09.23

第22回 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会(新潟)にて紹介されました。

2016.09.20

食べるを支える「嚥下調整食・介護食の食形態検索サイト」をオープンしました。